クレジットカードでポイント還元率UP/クレジットカード お得なのは?おすすめクレジットカードは?

クレジットカードのポイント還元率UPでポイントを貯めまくれ!!さらに最強クラスのポイント還元率に出来るクレジットカードは? お得なのは?おすすめクレジットカードは? これです!

クレジットカードのポイント還元率UPでポイントを貯めまくれ!!さらに最強クラスのポイント還元率に出来るクレジットカードは? お得なのは?おすすめクレジットカードは?
これです!

クレジットカードおすすめはこれ!『 KCカード 』1.51%~2.51%の高還元率

クレジットカードおすすめはこれ!ポイント還元率比較~ステータス比較 : 『 KCカード 』1.51%~2.51%の高還元率

クレジットカードおすすめはこれ!

クレジットカードおすすめはこれ!ポイント還元率比較~ステータス比較 : 三井住友VISAゴールドカード / ステータス感が違います!!!

ゴールドカード会員の審査基準は?

ゴールドカードの入会審査基準は


「満30歳以上、年収500万円以上、勤続年数5年以上」でした。


ところが、近年は、ゴールドカード入会審査基準を従来のヤングゴールドカードの基準の

対象年齢を25歳や20歳以上に引き下げたり

年収基準を明記しないゴールドカードが増えています。


2008年~では、例えば


・「 三井住友VISAゴールドカード 」の申込資格は

  ⇒満30歳以上で、安定収入のある方※ゴールドカード審査基準あり


・「 三井住友VISAプライムゴールド 」は

  ⇒満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方


・「 JCBゴールドカード 」は

  ⇒原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

    ※ゴールドカード審査基準あり


となっています。


この頃の年齢階層別の平均収入は

国税庁が公表する2002年の「1年を通じて勤務した給与所得者」の統計によると


20~24歳の平均年収は259万円(男性275万円、女性244万円)
25~29歳の平均年収は348万円(男性380万円、女性297万円)
30~34歳の平均年収は419万円(男性469万円、女性310万円)
35~39歳の平均年収は478万円(男性558万円、女性305万円)


となっていました。


そして2012年締め2013年発表データでは

民間企業で働くサラリーマンや役員、パート従業員の2013年の平均年収は408万円。

過去最低の下げ幅を記録した平成2010年以来、回復の兆しは見えるものの

過去の水準に比べるといまだに低い水準にあります。

国税庁「2012年分 民間給与実態統計調査」によると

2012年(2011年12月31日現在)の平均年収は408万円で

昨年の409万円に比べ-1.0万円(-0.2%)の減少となりました。

男女別平均では、男性は502万円で前年比-1.8万円(-0.4%)の減少

女性平均は268万円で前年比+0.9万円(+0.03%)の増加となっています。

国民平均年収1

国民平均年収3

こうしてみると、そもそも「満30歳以上、年収500万円以上」という入会基準も

30~39歳男性の平均年収よりを若干上回るにすぎないことが分かります。


◆ゴールドカード会員の審査基準は?


 通りにくいと思われているゴールドカードの審査ですが

 「年収300万円以上かつローン残高なし」の方なら

 ゴールドカードの入会審査に通る可能性は十分あります。


 ただし!

 実際の審査では、年収以上に重要視される

 以下のポイントがあります。


 1.勤続年数(安定収入) 

  

  ゴールドカードの入会審査では

  まず、年収よりも、勤続年数(安定収入の有無)が重要視されます。
  勤務年数1年未満の方が、ゴールドカードの入会審査にパスすることは

  以下のような一部条件の優しいクレジットカードを除き

  まず不可能です。                ※学生の方は、申込不可。


  ●年会費2,000円クラスの格安ゴールドカード

  

   審査基準は一般カードと同程度。

   「見込み年収200万円以上ローン残高なし」の新社会人の方であれば

   勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能はかなり高いです。


  ●銀行系ヤングゴールドカード三井住友VISAプライムゴールド など)


   審査基準は一般カードよりもやや高めですが

   信用ある大手企業に入社した新社会人や新卒公務員の方ならば

   勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能性は十分にあります。


  ●銀行系ゴールドカード

   

   「勤続年数(自営の場合は営業年数)5年以上、年収500万円以上」が目安。

   ただし、外資系である

   アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード の場合

   年収400万円以上の安定収入が見込める方ならば、勤続年数5年未満であっても

   審査通過は十分可能なようです。



 2.クレジットヒストリー

   

  クレジットカードを利用すると

  支払開始後の

    ・「利用残高」(多いのは不利)

    ・「返済状況」(債務支払い延滞の有無)

    ・「入金状況(過去24カ月分)」


  などの「クレジットヒストリー」

  クレジットカード会社から(株)シー・アイ・シー

  (クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関)に

  提出され、記録されます。


  「クレジットヒストリー」は

  クレジットカードの入会審査の際に、必ず参照される重要な項目となっているのです。

    ・債務残高が多い

    ・債務支払いの延滞がある

    ・過去24カ月の入金状況に問題がある

    ・過去6カ月以内のカード申込が多数


  といったクレジットヒストリーがある場合は

  かなり致命的なマイナス要因になります。


  逆に、クレジットカードを支払いを滞ることなく

  毎月コンスタントに使い続けることで積み上げられた

  優良なクレジットヒストリーは、クレジットカード入会審査ならびに

  「更新判定」において有利に働きます。


  とくに、クレジットカード発行元には

  会員のカード利用明細や支払い状況の詳細が記録として残ります。


  一般カードの場合、新規入会時の与信枠は20~30万円ですが

  優良なクレジットヒストリーを積んでいくと

  その会員の年収や利用状況(金額や毎月の返済額)に応じて

  通常1年後には、与信枠はアップし始めます。

  カード利用可能枠(与信枠)100万円超となると

  すでにゴールドカードのカード利用可能枠に相当します。


  新規入会審査では厳しめの銀行系ゴールドカード(三井住友カードやDCカードなど)でも

  それだけの与信枠を設定しているカード会員が

  ゴールドカードへの切り替え(ランクアップ)を申請する場合ならば

  年収400万円もあれば、ほぼ確実に審査通過すると思われます。

  (※他社借入ローン残高がある場合は難しくなります。)



    ゴールドカードの利用枠ですが

   ・三井住友VISAゴールドカード が「70万~200万円」(新規入会時)

   ・三井住友VISAプライムゴールド が「50万~200万円」(新規入会時)

   ・JCBゴールドは「50万~300万円」

   とされており、いずれのカードもかなりの幅をもたせています。


   これは

  年収があまり高くない方でも「ゴールド会員として受け入れますよ」


   というカード会社からのメッセージと見て取れます。

   近年の空港ラウンジサービス拡大競争にみられるように

   ゴールド会員向けサービスを充実させていくためにも

   ゴールド会員数を伸ばし、ゴールドカード年会費による収入拡大を図りたい

   というカード会社の思惑があるようです。


   この例がJCBカードで株式会社ジェーシービーは、ヤングゴールドカードの募集を停止し

   「JCBゴールド」の入会申込資格を

   「年齢30歳以上、年収500万円以上で、勤続年数5年以上」から

   「年齢20歳以上で安定継続収入のある方」にしています。

   その方が、業務合理化が進むと同時に、20代のヤングエグゼクティブからも

   通常のゴールド年会費収入が得られるというわけです。


   このように、ゴールド会員数を伸ばしたいというカード発行会社の戦略上

   現在、ゴールドカードの入会審査基準は明らかに低めになっています。




 3.年収と利用枠


  申し込みで「年収」は、あくまでも自己申告で

  クレジットカード会社にとっては、裏付けを取ることが困難です。


  クレジットカード会社は、申込された方の

  「年齢」、「勤務先の事業規模」、「勤続年数」および「勤務形態」などから

  大体の年収を推定しているのです。


  クレジットカード会社は、入会審査および利用可能枠決定において

  年収だけでなく、家族構成やローン残高も加味して

  

    利用可能枠(支払可能見込額)=

        年収-生活維持費(家族構成から推定)-債務残高


  といった内容で、カード利用可能枠(与信枠)を決定していくのです。

  だから、申告年収が低ければ、ゴールドカードへの新規入会できたとしても

  新規入会時のカード利用可能枠は、当然低く設定されます。

  

  新規入会したゴールドカードのカード利用可能枠(与信枠)が

  今使われている一般カードのカード利用可能枠(与信枠)よりも

  小さいということもあります。

  ※長年付き合ってきた一般カードからゴールドカードへランクアップする場合は

  新規入会扱いとはならないため、カード利用可能枠(与信枠)が下がることもありません。

  ・カード利用可能枠(与信枠)が欲しい方

  ・年収300万円に満たない方

  ・ゴールドカードに申し込んだが蹴られてしまった方

  それでも「ゴールドカード」が今欲しい!と思われているのでしたら

  まずは入会審査基準が低いゴールドカードへの入会をおすすめします。

 それは!

 ●ゴールドヤングカード!


  20代の方ならば、ヤングゴールドカードへの入会がオススメ!

  

  ヤングゴールドカードは、銀行系カード会社が発行していて

  三井住友VISAプライムゴールド カード

  JCBゴールドカード EXTAGE、などが人気です。


  ヤングゴールドカードは

  将来のゴールド会員候補の獲得を目的として

  原則20代向けに限定発行されているもので

  入会審査基準は一般カード並みに抑えられています。


  ヤングゴールドカードを、支払い延滞せずに毎月使い続けていれば

  利用額は大きくなかったとしても

  30歳以降の最初のカード更新時には

  ほぼ確実に(入会審査が厳しいと言われる銀行系の)ゴールドカードに

  自動切換えしてもらえるのです。



 ●航空マイレージ(マイル)が貯まるカード!


  航空機利用の多い方なら

  マイレージプログラム提携ゴールドカードへの入会もオススメです。


  マイレージプログラム提携カードへの入会申込者は

    ・航空機利用の機会があり

    ・航空マイル獲得意欲をもっていること

    ・入会申込しているカードをメインカードとしてくれる可能性が高いこと


  が予測できるので、通常のゴールドカードに比べて

  入会審査基準が低めに設定されている場合があります。


  例えば、JALマイレージプログラム提携のJAL・CLUB-Aゴールドカード への申込資格は

  「20歳以上一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方。

  すでにDC会員となっている場合は、利用実績があり、DC会員規約を遵守している方。」

  と、大幅に入会基準が緩和されています。



 ●確実に、着実に、一般カードからランクアップ!


  審査基準が低いとされるゴールドカードにも審査通過しない場合は

  ゴールドカード入会は一旦見送って

  ゴールドカードを発行しているカード会社の

  (一般カードや年会費無料カードなど)に入会しましょう。

  

  そのカードをメインカードとして、支払いを滞ることなく

  毎月コンスタントに使い続けていくことです。


  優良なクレジットヒストリー(カード利用実績)を数年間積み上げていくと

  一般カードでも、与信枠は80万~100万円以上にアップしていきます。

  与信枠80万~100万円というと

  ゴールドカードの最低与信枠を超えています。

  このクラスのクレジット(信頼)をカード会社から得た上で

  同じカード会社が発行するゴールドカードへの切り替え(ランクアップ)申請する場合

  ゴールドカードへの入会は、新規入会に比べて断然簡単になりますし

  年収400万円未満で、銀行系ゴールドカードを獲得することも十分可能になります。


  優良なクレジットヒストリーを積むには

  毎月のコンスタントなカード利用と支払い延滞しないことが第一

  次に利用額の大きさがポイントです。





  

       クレジットカードの「ブログランキング」

    に参加しています!!いま、何位か
    順位はこちらで確認してみてくださいね!
         ▼▼▼
   
   
          <<<クリック
          

          <<<クリック











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ クレジットカードの「ブログランキング」            に参加しています!!いま、何位かな?▼ <<<クリック
          


△クリック<クレジットカード ブログランキングへ> ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ クレジットカードの入会キャンペーンを 利用してお得にカードを作りましょう! クレジットカードの中には、カードを作る だけでギフト券がもらえたり 話題の商品が抽選で当たる入会キャンペーン を実施しているものがあります。 この入会キャンペーンを利用して クレジットカードを作ると非常にお得です。 キャンペーンはほとんどの場合 期間限定ですので要チェックですよ。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ▼▼▼ キャンペーン ▼▼▼ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . ANA VISA Suicaカード



    □  □  □  □  □  □  □  □  . アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード □  □  □  □  □  □  □  □  . アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード □  □  □  □  □  □  □  □  . アメリカン・エキスプレス・カード □  □  □  □  □  □  □  □  . スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード □  □  □  □  □  □  □  □  . アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード □  □  □  □  □  □  □  □  . アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . □  □  □  □  □  □  □  □  . ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ